小さなお子さんの肌は白肌できれいというイメージがあります。

キメも整っていて、大人としてはとても憧れる白肌ですね。

しかし、子供も外で遊んだりなど日光を浴びれば、もちろん日焼けした肌になってしまいます。

○子供が白肌になる方法

一度日焼けして黒くなってしまった子供の肌を白肌にする方法があるのか、心配な親御さんも多いと思います。

これに関しては、肌が白くなる薬
と同様に、紫外線対策をしっかり行うことが重要になってきます。

つまり、白肌になる方法としては、普段から日焼け止めをしっかりするなど、メラニン色素の生成を押さえることが大切なんです。

しかし、紫外線対策のための日焼け止めというと、成分的に子供に使っても大丈夫なのだろうか…と心配もありますね。

これに関しては、最近では子供用の日焼け止めも多数販売されていますので安心できるのではないでしょうか。

紫外線対策は早すぎるということはありません。

小さなお子さんは、公園をはじめとして、野外で遊ぶことが多いと思います。

こんな時には、しっかり日焼け止めを塗り、汗をかいたら塗りなおしてあげる。

そして帽子をしっかり被るなど、紫外線対策をとってあげてください。

子どもの頃から、白肌になる方法を実践してあげることで、白肌をキープすることができるんですね。

お子さんに日焼け止めをこまめに塗るのは面倒であったり、お子さんが嫌がることもあるかもしれません。

しかし、子供もある程度の年齢になれば、日焼け止めを自分で塗ることができますし、小さな頃からの習慣にしておくことで、子供にも自然と、紫外線ケアが根付くのではないでしょうか。

まずは、周りの大人がしっかりとケアしてあげることで、メラニン色素の生成を抑制し、子どもの白肌を守ることができます。

○子どもにおすすめの白肌になる方法

肌の白さは遺伝によるものと思われていますが、やはり大きく関係してくるのが、メラニン色素です。

子どもにおすすめの白肌になる方法としては、日焼け止めを使った、紫外線対策が良いのではないでしょうか。

日焼け止めであれば、大人が塗ってあげるだけでケアが完了しますし、最近では、子ども用の刺激の少ない日焼け止めも多数販売されていますので、安心して毎日使用することが可能です。

子どもに日焼け止めを塗るタイミングや頻度に迷われる親御さんもいらっしゃるかもしれません。

目安としては、お子さんが外に出られる際には季節を問わず、毎回塗ってあげるように心がけてください。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です